Apple Watch

iPhoneとApple Watchの両方にSuicaを登録するメリット

Suica iPhone Apple Watch

JR東日本のSuicaは、iPhone、Apple WatchのApple Payに登録できます。

Suica
Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

 

Apple Payに登録することによって、改札のタッチパネルにiPhone、Apple Watchをタッチすることにより改札を通過することができるようになります。

(Apple Pay SuicaはiPhoneでは iPhone7以降、Apple Watchは Series 2以降のモデルであれば使用可能)

この記事では、iPhoneとApple Watchの両方にSuicaを登録するメリットについてご紹介していきますね!!

 

なぜ2つのデバイスに登録する必要がある?

iPhoneでApple Pay Suicaに登録後、Apple WatchでSuicaを利用可能にすると、iPhoneのSuicaは利用できなくなります。

(1枚のデジタルSuicaが、iPhoneからApple Watchに転送されるということです)

したがって、iPhone、Apple Watchの両方でApple Pay Suicaを利用するためには、2枚のデジタルSuicaが必要になります。

iPhone、Apple Watchの両方に1枚ずつSuicaを登録するわけです。

次項からは、iPhone、Apple Watchの両方にSuicaを登録しておくメリットをご紹介していきたいと思います!

(なお、Suicaで全国のICに対応している改札は全て利用可能です(関西、中部、九州など))

 

どちらかがなくても改札を通過できます

iPhone、Apple Watchの両方にSuicaを登録しておけば、どちらかがあれば改札を通過することが可能です。

Apple WatchだけにSuicaを登録してると、気分転換にApple Watch以外の時計をしている際に改札を通過できなくなってしまいます^^;

 

スポンサーリンク

切符の値段を調べるのは面倒

わたしがSuicaの1番便利だと思うのが、切符の値段を調べなくていいことです。

目的の駅の料金は、切符販売機の上部のボードか、乗り換え案内で確認する訳ですが面倒ですよね^^;

Yahoo!乗換案内
Yahoo!乗換案内
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

もしSuicaを登録しているiPhone、Apple Watchを忘れてしまうと、この面倒な作業をする羽目になります。

 

小銭ジャラジャラを回避

切符は大抵、1,000円以下ですので、1000円札を崩して小銭ジャラジャラ状態になる恐れもあります。

しかも!
小銭って色々な人が触って手垢だらけなので、衛生上も小銭を触らないでいいならば触らないに越したことはありません。

 

電池切れを回避できる

iPhone、Apple Watchの両方にSuicaを登録しておけば、どちらかが電池切れになっても改札を通過できることになります。

(入口ではiPhoneのSuicaで入場、出口ではApple WatchのSuicaで改札通過と1回の乗車で異なるデバイスのSuicaを利用するのは無理ですが・・・)

両方にSuicaを入れておくことによって、電池切れのバックアップになります。

電池切れのバックアップとしては、モバイルバッテリーもオススメです。

下記のモバイルバッテリーは、iPhoneを4回フル充電できますよ!

 

カードタイプのSuicaを捨てられる

iPhone、Apple Watchの両方にSuicaを登録しておけば、カードタイプのSuicaは確実に必要なくなります。

SuicaやICOCAはデポジットがありますので、チャージ分を使い切った上で窓口に持って行きましょう!

チャージ分を使い切ってないと、手数料の220円を差し引いての返金になってしまいますよ!

入金(チャージ)残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。(JR東日本ホームページ参照

 

カードを1枚減らせれれば、お財布も軽くなりますよ(๑╹ω╹๑ )

 

実際の運用方法

わたしのApple Pay SuicaメインはApple Watchです。

なぜなら、Apple Watchは常に腕に身に付けているため、裏拳すれば改札を通過できるからです。

iPhoneで改札を通過しようと思ったら、iPhoneをポケットやカバンから取り出さないといけません。

Apple Watchで通過する方が圧倒的に楽です。

しかも!
iPhoneよりもApple Watchの方が腕に身に付けるので、家に忘れちゃった!
という事が起きにくいです。

iPhoneのApple Pay Suicaをサブにするわけですが、サブにはとりあえず1000円だけチャージしてればOKです。

サブにあまり多くのお金をチャージする必要はありませんよ!

 

Apple Pay Suicaには楽天カードでのチャージがオススメです

Apple Pay Suicaにチャージする際には、ポイント還元率が1%と高還元の楽天カードがオススメです。

Suicaにチャージする際にも、ポイントがGETできますので、ポイント還元率が高いカードを選んでおきたいものです。

楽天カードは年会費永年無料、新規発行で5000円分のポイントがGETできるという大変お得なカードですよ!

楽天カード公式サイト

 

Apple Watch、iPhoneからSuicaが消えた?!

Apple Watch、iPhoneからSuicaが消えても大丈夫ですよ!

下記の記事をご参考にして下さいね(๑╹ω╹๑ )

Suica
Apple WatchからSuicaが消えた時の対処法〜復活できるので大丈夫〜 Apple WatchにSuicaを入れておけば、改札でいちいちiPhoneを探すことなく、改札にApple Watchをタッチ...

 

まとめ:iPhone、Apple Watchの両方にSuicaを入れておこう

iPhone、Apple Watchの両方にApple Pay Suicaを入れておくことによって、バックアップになります。

バックアップしておくことにより、切符を買うという煩わしい作業から完全に解放されます。

ぜひ、iPhone、Apple Watchの両方にApple Pay Suicaを入れておきましょう(๑╹ω╹๑ )