お金

楽天カードを作るならVISAを選択しよう~PayPay、Kyashの面から~

VISA

ポイントがザクザク貯まる、年会費が永年無料で人気なのが「楽天カード」ですよね。

 

楽天カード

新規発行の際に5000円分のポイントをGETできるのも魅力の1つです。

そんなお得な楽天カードは、ブランドをVISA、マスターカード、JCB、アメックスの4種類から選択することができます。

楽天カードのブランドはVISAにしておくべきです!!

なぜ楽天カードのブランドはVISAがいいのか?

その3つの理由について、この記事ではご紹介していきますね!

 

PayPay、Kyashへの登録

PayPay

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

バラマキで話題となっているスマホ決済の「PayPay」ですが、PayPayでの支払い方法には3パターンあります。

PayPay残高(銀行口座からチャージ)、Yahoo!マネー、クレジットカードです。

クレジットカードで決済する場合に登録できるブランドは、VISA、マスターカードのみです。
(Yahoo!カードならJCBも可)

PayPayでクレジットカードを登録するためには、VISA、マスターにしておかないといけませんので、楽天カードを作成する際もVISAにしておくと良いのです。
(マスターカードがダメな理由は後ほど出てきますので)

Kyash

Kyash

Kyashとはチャージして使用するプリペイド型のカードです。
(Kyashと似たようなカードとして、LINE Payカードがあります)

プリペイド型のカードなので、事前にチャージしておいて使用します。
(事前にチャージするという意味ではSuicaと同じ)

わざわざKyashで決済する理由ですが、Kyashで決済すれば2%のキャッシュバックが受けられるからです。

→追記:現在はKyashは1%還元となっています(2019/10/29現在)。

しかも!
楽天カードでKyashにチャージすれば、Kyashで1%、楽天カードで1%のポイント還元を受けることができるのです。

合計2%GETできます!!
いわゆるポイントの2重取りです(๑╹ω╹๑ )

さらに!
Kyashも楽天カードも年会費が無料です。

通常、年会費が無料で2%も還元されることはありません。
お得すぎるのです(๑╹ω╹๑ )

Kyashに登録できるブランドはVISA、マスターカードとなっています。

したがって、楽天カードはVISAにしておいた方がいいのです。
(Kyashのチャージにはクレジットカードの他に、セブン銀行ATM、コンビニ、銀行ATMからチャージ可能です)

楽天カード公式サイト

楽天カードの2枚目を発行できない

PayPay、Kyashの登録カードとしては、VISA、マスターカードのどちらでも可能でしたが、楽天カードを2枚目を発行する際には1枚目がVISAでないと発行できません。

てか、そもそも2枚目っているの??

という疑問が湧きますよね。

いるのです!!

楽天カードを2枚目を発行する理由としては、「家の家計のカード」と「自分のお小遣いとしてのカード使用」を分けることができます。

楽天カードはポイントが高還元カードですし、楽天経済圏で生きていけるメリットがあります。

「家の家計のカード」と「自分のお小遣いとしてのカード使用」でポイントを一元化している方が、ポイントを無駄なく使用できるからです。

今すぐ楽天カードを2枚必要としなくても、2枚目を作れる可能性を残しておくため、VISAを選択すべきなのです。

楽天カード公式サイト

スポンサーリンク

海外でも使いやすい

VISAは世界ブランドですので、海外に行った際にも不自由なく使用できます。

ここら辺は説明不要ですよね(๑╹ω╹๑ )

楽天カードのブランドの中では、JCBを選択してしまうと海外で使用する際に使えない場合があります。

海外で使うことも想定すると、VISAにしておけば安心です!

楽天カード公式サイト

まとめ:楽天カードはVISAを選択しよう

ご紹介してきた通り、楽天カードを作るならVISAを選択した方がいいです。

楽天カードは、ポイント還元1%、永年年会費無料、新規発行で5000円分ポイントがGETできる大変お得なカードです!

Kyashと連動させて使用すると更にお得になりますよ。

年会費が永年無料なので作っておいて損はしないです。

楽天カード公式サイト

ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。