Apple Watch

Apple Watchで困ること~時計焼け(日焼け)~

Apple Watch ミッキー

紫外線が強くなる時期にApple Watchを付けてて何が困るかというと、ズバリ「時計焼け」です。

時計焼けとは、腕や手が日焼けしているのに時計をしている部分だけ日焼けしないことです。

この記事では、Apple Watchによる時計焼けについて対策も踏まえてご紹介していきます。

 

Apple Watchによる時計焼け

Apple Watchの性質上、常に腕に身につけることになります。

腕に常に身に付けているからこそ、Apple Watchは便利なのです。

しかし!
腕に常に身に付けていることによって、時計焼けが確実できてしまいます。

Apple Watchによって、日光を遮られた皮膚の部分が日焼けしません。

普通の時計なら、夏場は外すか!
ということもできるかもしれませんが、Apple Watchを外してしまうとApple Watchの便利さを失ってしまうことになります。

次項からは、Apple Watchの時計焼けの対策について見ていきたいと思います。

 

Apple Watchの時計焼け対策

Apple Watchの時計焼け対策といっても、残念ながらApple Watch用の特別な対策は存在しません。

一般的な日焼け対策を行なうしかありません。

日焼け止めを塗る

 

Apple Watchによる時計焼けを防ぐために腕や手に日焼け止めを塗るというものです。

最もスタンダードな対策ですよね。

日焼け止めを塗るのは面倒ですが、時計焼けを防ぐとともに、日焼けによる皮膚のダメージも軽減してくれるので一石二鳥と言えます。

長袖を着る

 

長袖のシャツなどを着ることによって、腕の日焼けを防ぐというものです。

腕の日焼けさえ防げれれば、時計焼けにはなりません。

腕は長袖でカバーされてますし、Apple Watchで手首は守られていることになります。

したがって、手は日焼けすることになりますが、手と腕が日焼けしてて、時計をしてる部分だけ日焼けしてない「サンドウィッチ状態」にはなりません。

時計焼けを受け入れる

全く対策でも何でもないですが、潔く時計焼けを受け入れるというものです。

Apple Watchをしているから時計焼けしても仕方ないんだ!と考えるということです。

日焼け止めは面倒くさい!長袖は暑い!となると、時計焼けを受け入れるしかありません。

潔く時計焼けを受け入れましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ:Apple Watchも時計焼けする

Apple Watchも時計なので、時計焼けをしてしまいます。

したがって、日焼け止めや長袖で日焼け対策をしましょう(๑╹ω╹๑ )

日焼け止めや長袖がイヤならば、時計焼けを受け入れるのです。

時計焼けを受け入れますか?
夏はApple Watchをやめますか?

という究極の選択です。

わたしはApple Watchをやめたくないので、対策を実施したいと思います\(^o^)/

Apple Watch仲間としては、Apple Watchをやめないで、日焼け対策をしてもらえれば嬉しいです。

ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。