Apple Watch

【決定版】Apple Watchにカバー・保護フィルムは必要か??

iPhoneには、カバーや保護フィルムは必須ですよね。
生身でiPhoneを使っている人は少ないはず。

では、Apple Watchではどうなのか??

Apple Watch series4を発売日から約4ヶ月使用してみての、わたしの結論をお伝えしたいと思います。

Apple Watchには、カバーや保護フィルムは必要ありません!!

実際に4ヶ月使用したApple Watchの写真とともにご紹介していきたいと思います!

 

わたしのApple Watchの写真

Apple Watch 正面

1番大事な画面の傷ですが、よく見ても1つもありません。

幸いなことに4ヶ月の使用中には、ぶつけた、やってしまったという場面はありませんでした。
意外とぶつけないものです。

この間にもちろん、iPhoneは何回も落っことしています。
Apple Watchは手に付けているので落としようがありません。

そういう意味でも、カバーや保護フィルムは必要ないといえるでしょう。

側面の写真です!

Apple Watch 右 側面 Apple Watch 左 側面

両側面にも傷は見当たりません!

Apple Watch 裏面

傷がつき様がない裏面です(笑)
この裏面がハイテクな感じがして好きです\(^o^)/

早くこの裏面を使用しての、心電図が計測できるようになって欲しいですよね♪

 

カバー・保護フィルムがいらない真の理由は?

わたしがカバー・保護フィルムがいらないと思っている真の理由は、ダサいからです^^;
(カバー・保護フィルムを使っている方、ごめんなさい)

 

 

 

うーん、やっぱりイマイチです^^;

というのも、同僚がわたしの影響でApple Watchを買ったのですが、カバーをしていたのです。

それを見た瞬間、固まりましたね。

ダサいのです!

やっぱりApple Watchはスマートに身に付けたいもの。
カバーはダサくさせるのでNGです。

 

スポンサーリンク

季節による違い

季節によっても、カバー・保護フィルムがいらない理由があります。

春、秋、冬は長袖やコート、ダウンなどを着るので、Apple Watchが袖の下に隠れますので、カバー的な役割をしてくれます。

夏だと半袖を着ますので、カバー、保護フィルムが目立つことになり、ダサくなります^^;

 

それでも気にするのであれば・・・

でも傷がついいたら・・・とご心配なのであれば、Apple Watch(時計)をぶつけそうなケースには、Apple Watchをしてない方の手で作業すればいいのです!

例えば、自動販売機のジュースを取り出す際やポストの郵便物を取り出す際などです。

そもそも利き腕と逆の方の手に、Apple Watchをつけていますよね?

利き腕を使うケースが圧倒的に多いので、ぶつけないものですよ\(^o^)/

 

まとめ:Apple Watchにカバー・保護フィルムは必要ない

いかがだったでしょうか?

Apple Watchにカバー・保護フィルムがいらない理由をご紹介しました。

わたしは4ヶ月の使用ですが、傷1つありません。
これからもカバー・保護フィルムをつけることはないでしょう。

どうしても傷が心配であれば、カバー・保護フィルムをつけてもいいかとは思いますが、ダサくならないように気をつけて下さい!

こちらのApple Watchのレビュー記事も合わせてご参考にしてみて下さいね\(^o^)/

Apple Watch iPhone
Apple Watch Series4のレビュー!〜約4ヶ月使用してみたよ〜Apple Watch Series 4を2018年9月21日の発売日から約4ヶ月使用したレビューを記載します! 私はこれまでAp...

 

こちらの記事はApple Watchを買った後に知っておきたい設定、アクセサリーについてまとめています(๑╹ω╹๑ )

Apple Watch
【Apple Watch買った後に読みたい】設定、アクセサリーまとめ iPhoneやApple Watchは説明書をいちいち見なくても使えるのが売りですが、Apple Watchの操作方法、設定など...