Apple Watch

Apple WatchでのApple Payの登録の仕方 〜画像でわかりやすく解説〜

Apple Watch Apple Pay

Apple Payは、ご存知でしょうか?

Apple Payとは、簡単に言うとAppleのお財布ケータイですね。
Appleホームページ

iPhone7以降、Apple Watch Series 2以降で使用可能です。

Apple Payがあれば、財布がなくても生活できるようになります!

家を出た後に財布忘れた!!!
取りに帰らなきゃ!
でも時間がない!!!

よくある朝の一幕ですよね。

Apple Payを使えるようにしておけば、そんな心配はご無用です。

Apple WatchのApple Payで電車にも乗れますし、コンビニであれば買い物もできます。
コンビニ以外でも、iD、QUICPayで支払いができるお店であれば、買い物や飲食が可能です。

この記事ではApple WatchでのApple Payの登録の仕方についてお伝えしていきます!

Apple Payの始め方は?

まず、iPhoneのウォレットのアプリにクレジットカードSuicaを登録する必要があります。

Wallet アプリ

Suicaを登録すれば、首都圏以外の全国どこでもIC対応している改札を通ることが可能です。

交通系ICは、相互対応になってますので、関西、名古屋、全国どこでもでもSuicaで改札を通れます。

 

登録の仕方は?

今回は、クレジットカードの登録の仕方を順番に画像でご紹介していきます!

Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録

 

Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録

※注意点 Apple Watchの電源をオンにしておいて下さい!

Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録 Walltet 登録

この設定では「メインカード」が「Suica」になっています。

「メインカード」は、クレジットカードにしておいた方が支払いの際に便利です。

Walltet 登録

「メインカード」が「Apple Watchのサイドボタンをダブルクリック」した際にデフォルトのカードとして表示されるようになります。

Apple Watch Apple Pay

 

スポンサーリンク

どうやって支払うの?

Apple Payではクレジットカードは「iD」か「QUICPay」のどちらかが割り当てられます。

今回登録した楽天カードでは、「QUICPay」が割り当てられていましたね!
(楽天カードでは元々は「QUICPay」を使用できませんが、Apple Payに登録することによりApple Payを通じて「QUICPay」を使用できるようになります)

 

Apple Payで支払う場合には、以下の手順となります。

iD、QUICPay、Suicaに対応しているお店で「iD or QUICPay or Suicaで支払います」と言って、リーダーにタッチするだけです。

コンビニは「iD、QUICPay、Suica」に対応してます。
スーパーだとイトーヨーカドーやイオンなどで対応しています。
マツキヨやユニクロ、すき家などなどたくさんのお店が対応していますよ!

わたしのオススメはSuicaで支払うよりも、iD、QUICPayで支払うことです

理由は下記の2点です。

①ポイントが貯まる
②あらかじめチャージしなくていい

①はクレジットカード払いなのでポイントが貯まります。
どうせ同じ金額を支払うなら、ポイントが貯まった方がお得ですよね!

②についてですが、Suicaはあらかじめお金をチャージしておかなければなりません。
もちろんチャージしてる金額しか使えません。

Apple Payでは、スマホの操作でSuicaにチャージできます。
したがって、通常のカードタイプのSuicaよりは楽チンです。

しかし、チャージは面倒です。

iD、QUICPayのクレジット払いならチャージの必要がなありません。
よって、会計の際にいくらチャージしてたっけ?

と、チャージされている金額を気にする必要がないのです!

チャージ残高が足りなくて、恥ずかしい思いをすることもありません

みんなhappyになる?

レジでの会計時間が格段に上がります。

小銭を必死に探していて、店員さん、後ろの人の目が気になったことはありませんか?

小銭を必死に探さなくてもいいし、お釣りをもらう必要もありません!

「iD、QUICPay、Suicaで支払います」と言って、リーダーにタッチするだけです。
秒で支払いができます!

あなたも楽だし、店員さんも楽だし、後ろの人も早く順番がまわってきますので、みんなHappyです\(^o^)/

ATMでお金をおろす手間もはぶけますよ!

Apple Payに対応しているカードを作ろう

Apple Payを使うためには、Apple Payに対応しているカードを用意しなければなりません。

Apple Payに対応しているカードの中でオススメなのが、楽天カードです。

楽天カードは、

①年会費が永年無料
②新規作成で5000ポイント(5000円相当)
③ポイント還元率が1%〜最大3%

とメリットの大きいカードです!

楽天カードの登録はこちらから!

おまけ

クレジットカードを持ち歩きたくない!というApple Payであれば、カードは家に置いておいても大丈夫です。
(実際にわたしも持ち歩いていません)

その代わりiPhoneには、パスワードをかけておきましょう。
Touch ID(指紋認証)やiPhone XであればFace IDを設定しておくと便利です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Apple WatchでのApple Payは便利すぎます。
こんな便利なものを使わない手はありません。

財布を持ち歩かなくても生活ができるようになりました!
財布の心配をしなくていいし、会計に時間も取られなくなります。

財布から解放されてみませんか?

この記事があなたのよりよい生活にお役にたてれば幸いです。