FIRE

同僚にはFIREを目指すことを話さない

FIREを目指すアラフォー サラリーマンのかぶきです。

会社の同僚には、FIREを志していることは、話さない様にしなければなりません。

今回は、会社の同僚にFIREの志を話してはいけない理由についてご紹介していきます。

妬まれる可能性がある

FIREを成し遂げる過程が上手くっていると妬まれてしまう恐れがあります。

だって、ほとんどの人が働きたくて働いている訳ではないのですから。

妬まれていいことは、全くありません。
俺はこんなに苦労してるのに、あいつは・・・となってしまいます。

同調圧力も受けてしまいます。

俺とおんなじ苦労をお前も受けなければならないであるとか、、、

日本は村社会ですので、みんなと同じ志(サラリーマンとして苦労すること)から、
外れると露骨に仲間ハズレにされます。

別に仲間ハズレにされてもいいのですが、実害を受けると厄介なので、
やはりFIREしようとしていることは同僚には知られない方がいいのです。

仕事にやる気がないのがバレる

FIREしようとしているということは、ずっと今の会社で仕事を続ける意思がないということです。

そうなると、先述した通り、同調圧力の被害にあいます。

みんなで苦労して成果を出そうとしているのに、お前は、、、
ということになってしまいます。

やる気がないことがバレて、いいことはありません。

仕事を振られにくくなることはいいことかもしれませんが(笑)

やる気がないのがバレると、アラを探される恐れがあります。

あいつまたサボってるんじゃないか?
といった感じです。

ほとんどの人がアラ探しされると、何かしら出てきます。
叩けば埃が出るってやつですね。

したがって、やる気をあるフリをするしかありません。

結果はどうでもいいのです(笑)

わたしはやる気だけはあります!
といった感じで乗り切るしかありません。

全力で仕事をすると疲れますので、やる気のあるフリが1番いいと思います。

スポンサーリンク

FIREなんて無理だよと言われる

いわゆるドリームキラーってやつですね。

無理だよと言われて燃える人もいますが、わたしはどっちかというと流されるタイプなので、無理だよと言われないに越したことはありません。

「思考は現実化する」という有名な自己啓発本もあるぐらいです。

自分の耳に入る言葉は、ポジティブにしていくべきです。

同僚にFIREのことを話しても、99%無理だよと言ってきますよ。

だって、その同僚はサラリーマンとして天寿を全うしようとしているのですから、、、

まとめ:FIREのことは同僚には言わない

FIREだけでなく、副業も同僚には言わない。

理由はFIREと同じです。

でも同じ志の仲間がほしい!
と思ったら、SNSで探すべきですね。

TwitterでFIREを志している人をフォローするだけでもモチベーション向上に繋がるのではないでしょうか。

もちろん、わたしでもいいですよ(笑)

最後までお読み頂き、ありがとうございました!