Apple Watch

Apple Watchは右手につけることができるの?左利きでも大丈夫?!

Apple Watch

通常、腕時計は利き腕の邪魔にならないように、利き腕と逆の腕にすることが多いですよね。

そこで気になるのがApple Watchは右手につけられるのか?ということです。

普通の時計と違って、Apple Watchは精密機械です。

元々、右利きが多いので左手にしかつけられないのか?

結論は、右手にもApple Watchはつけられます!!
右手につける設定が可能なのです。

この記事では、Apple Watchの腕につける設定についてご紹介していきたいと思います。

 

Apple Watchは設定でつける腕を選べる

Apple Watchは設定画面で「つける腕」と「Digital Crownの位置」を選ぶことができます。

「Digital Crown」とは、Apple Watchの側面についている丸いボタンです。
通常の時計では、「リューズ」と呼ばれている部位になりますね!

Apple Watchで「つける腕」と「Digital Crownの位置」を選択するためには、まずApple Watchの「設定」を開き、「一般」をタップします。

Apple Watch 設定

次に「向き」をタップします。

Apple Watch 設定

そうすると「手首」で右左が選べ、Digital Crownも右左を選択することが可能です(๑╹ω╹๑ )

Apple Watch 設定

 

Apple Watch 設定

 

実際に右腕につけてみました!

Apple Watch 右手

Digital Crownも通常の右側ではなく、左側に変更しています。
(右腕につけても、Digital Crownは右側にすることが可能です)

 

スポンサーリンク

まとめ:Apple Watchは右手にもつけられる

Apple Watchを右手につけるのであれば、設定で「右手」を選択しておきましょう!

Digital Crownの位置は、ご自身の使い勝手のいい向きにするといいですが、コッソリと時間を確認したいなら左側がオススメです。
(右手につける場合)

【参考】Apple Watchのデジタルクラウンは右側にしておいた方がいい理由

使い人によってカスタマイズできるのが、Apple Watchのいいところですね。
普通の時計だと、リューズの位置は変えられませんから(笑)

あなた好みの設定を見つけて下さいね!

ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです(๑╹ω╹๑ )