Apple Watch

Apple Watchにカメラって付いているの?〜カメラアプリの使い方の紹介〜

Apple Watch

結論から言いますと、Apple Watchにはカメラはついていません。

Apple Watchにはカメラはついていませんが、iPhoneのカメラをリモートコントロールできます。

この記事では、Apple Watchでのカメラのリモートコントロールについてご紹介していきます。

 

タイマーをセットして走らなくてもよくなる

Apple WatchでiPhoneのカメラのリモートコントロールができれば、iPhoneのシャッターのタイマーを設定して走らなくてもよくなります。

Apple Watchでシャッターを押せるので、走らず、ゆっくりと写真を取る前の準備が可能です。

Apple Watchでカメラのアプリを立ち上げると下記のようになります。
(Apple Watchの画面です(被写体はアンパンマンです))

Apple Watch カメラ

そのままリアルタイムでシャッターを押すことも可能ですし、「3s」の方を押せば3秒のタイマーで撮影することができますよ!

なお、Apple Watchでカメラのアプリを立ち上げると、iPhoneの画面もカメラ画面になります。

 

ズームはできるの?

ズームはApple Watch側でもできますし、iPhone側でも設定可能です。

Apple Watch側ではカメラアプリを立ち上げて、Digital Crownを回せばズームができるようになります。

iPhone側では通常のカメラと同じく、ピンチアウト(画面を2本指で広げる)すればズームに可能となります。

 

スポンサーリンク

シャッター音を無音にできる?

結論から言うと、シャッター音を無音にはできません。

Apple Watch、iPhoneの両方のシャッター音が鳴ります。
Apple Watchは消音モードにしていると、Apple Watchはバイブのみにすることができます。

消音カメラアプリで、下記のアプリはApple Watchにも対応しています。

シンプルカメラ高画質
シンプルカメラ高画質
開発元:KANAME OHARA
無料
posted withアプリーチ

Apple Watchに対応していますが、下記の様にシャッターを押すことしかできません。

simple camera

標準アプリで可能な撮影画面確認、ズームや3秒タイマーは使用できないです。

また、iPhone側でsimple cameraのアプリを立ち上げておく必要があります。

simple camera Apple Watch

 

リモートコントロールはどのぐらいの距離まで可能?

Apple Watchでのカメラのリモートコントロールの距離ですが、わたしの実験では約14mまで可能でした。

14m以上使えるかもしれませんが、自宅で確認したため、14m以上測れませんでした^^;

14mを越えてリモートコントロールすることもないと思いますので、十分な距離だと思います。

 

リモートコントロールの悪用厳禁

カメラをリモートコントロールできると聞くと、悪用が頭に浮かんでしまうかもしれませんが、くれぐれも悪用はしないでくださいね^^;

1回の悪用が人生を台無しにしてしまうかもしれませんよ!

 

まとめ:Apple Watchがあれば記念撮影で走らなくてもよくなる

Apple Watchのカメラのリモートコントロールのメリットは、記念撮影で走らなくてもよくなることと言えます。

もしこんな使い方があるよ!というのであれば、ぜひシェア頂けるとうれしいです。

ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです!