仕事

【知っておきたい】昇給額を増やす5つの方法〜平均以上に給料を上げる〜

給料 袋 立った

春になるとトヨタやホンダなどの自動車関連企業の春闘の話題も聞こえてきて、気になるのが昇給額ですよね。

1円でも多く昇給して欲しいというのが、本音ではないでしょうか。

わたしはそうです(笑)

わたしの会社の昇給額は全社平均2%だったのですが、わたしの昇給額は2.5%と平均以上の昇給額を得ることができました。

また、昇格することができましたので、年収を100万円上げることができました!

わたしが平均以上の昇給額を得ることができた要因をご紹介していきますので、1円でも多く昇給したいあなたのご参考になれば幸いです!

 

昇給額の平均は?

まずはじめに昇給額の平均を見ていきたいと思います。

中小企業では「1.45%」
大企業では「2.59%」
公務員では「1.66%」
(出典:【これって多いの?少ないの?】気になる昇給の平均額について調べてみた

となっています。

やっぱり平均以上に昇給したいですよね?

それでは昇給額を上げる方法を見ていきましょう!

 

昇給額を増やす方法①成果を上げる

当たり前ですが、仕事で成果を上げないと平均以上の昇給額は望めません。

例えば、営業職だと目標販売額を達成することが大事です。

仕事の成果が出てないと昇給額の交渉もしにくいのが実情です。

しかし!
成果を出してれば必ず昇給額が高いかと言うと、そう言う訳でもありません。

成果を出す以外にも、昇給額を上げるためのポイントが存在します。

次項からは昇給額を上げるためのポイントをご紹介していきますね!

なお、営業職のノルマ達成については、下記の記事をご参考にして下さい(๑╹ω╹๑ )

グラフ
【決定版】営業のノルマ達成がキツイ〜具体的な解決策7つのご紹介〜営業職をやっていて1番ツライ時がノルマ(営業目標)を達成できない時ですよね。 同僚がみんな達成しているのに、自分だけ達成できていな...

 

スポンサーリンク

昇給額を増やす方法②上司と良好な関係を作っておく

昇給額を増やすために重要なのが、上司との関係です。

実際にあなたの昇給額を決めるのは、あなたの上司です。

したがって、上司との関係性を良くしておけば昇給額をアップさせることができます。

うちの会社は実力主義だから、上司との関係性なんて関係ない?!

わたしの会社も実力主義と言われる外資系企業ですが、上司との関係性が大きく昇給額に影響しています。

簡単に言うと、気に入られてる部下は昇給額が高くなってるし、嫌われてる部下は昇給額が少ないです。

実際、わたしも上司との関係が悪かった時は昇給額が少なかったです^^;

上司との関係性を良くしたら、昇給額が上がりました!
非常に分かりやすくなってます(๑╹ω╹๑ )

ではどうやって上司との関係性を良くするかご紹介していきますね!

上司にゴマすり

1番効果的なのが、上司にゴマすりをすることです。

上司にゴマすり?!

そんなのダサいからイヤだよ!なんて言わないで下さい!!

上司にゴマすりするだけで昇給額が上がるのですよ!

ゴマすりはタダでできますので、ゴマすりして昇給額が上がるならコスパが高いです。
ゴマすりするのは昇給額を上げるためだ!と割り切ってゴマすりして下さい。

わたしも割り切って上司にゴマすりしたら、上司との関係性が良くなり、昇給額も上がり、昇格を推薦してくれましたよ!

上司へのゴマすりの仕方は、こちらの記事でご紹介しています(๑╹ω╹๑ )

【決定版】上司にゴマすりって必要なの?~具体的なやり方の紹介~あなたは、上司に「ゴマすり」をされていますでしょうか? ゴマすり?? 「ゴマすりなんてダサいし、したくないよ!!」というご意...

 

上司にアピールする

あなたの仕事っぷりを、しっかりと上司にアピールしましょう!

「黙々といい仕事をしていれば認められるはず!」と言うのは幻想です。

誰もあなたのことをそこまで見てくれていませんよ!
したがって、仕事の成果はしっかりと上司にアピールしましょう!!

ここで1つ注意点をご紹介します。

上司にアピールする前に、上司との関係性を良くしておくということです。

上司との関係性が良くないと、ただのアピール野郎になってしまって鬱陶しく思われるだけになるという事態もあり得ます。

上司にアピールは大事ですが、まずは上司との関係性を良くしておきましょう!

 

昇給額を増やす方法③資格取得

仕事に関係する資格を取得して、昇給額のアップを狙うという方法です。

会社の規定で、この資格があれば月額〇万円支給するというものがあるか確認しましょう。

確認して資格が取得可能であれば、資格の取得にトライしましょう!
(資格取得に掛ける労力と、アップ金額のコスパを考える必要はありますが)

 

昇給額を増やす方法④昇格する

昇格すれば昇給しますので、昇格を狙うというものです。

わたしは今年めでたく昇格することができたのですが、昇格できなかった昨年度との違いは1つだけでした。

それは、上司との関係性です!

上司との関係性を微妙な関係から、良好な関係に再構築しただけで昇格できました^^;

このことから考えると、昇格にも権限を持っている上司との関係性は非常に重要です。

先述しているように、お金のためと開き直って上司にゴマをすりましょう(๑╹ω╹๑ )

参考記事:【決定版】上司にゴマすりって必要なの?~具体的なやり方の紹介~

あと、昇格のために必要なのは会社への愚痴をあまり言わないことですかね。

「昇格=会社での立場が上がります」ので、会社の愚痴ばかり言ってる人を昇格させにくいというのは会社側から見ると当然です。

わたしの場合でも、昨年よりも会社への愚痴を親しい同僚の前でも控えるようにしました!

愚痴を言うとスッキリしますが、お金のためと割り切って愚痴でない発散の仕方にしましょう!!

 

昇給額を増やす方法⑤昇給額の高い会社に転職する

そもそも会社として昇給額自体が小さい会社であれば、大幅な昇給は見込めません。

冒頭でご紹介した通り、中小企業と大企業では昇給額に1%ほどの開きがあります。

昇給額が高い会社に転職すれば、必然的に高い昇給が望めます。

どうせ仕事をするなら、昇給という形で評価されたいですよね?
少しでも多く昇給してお金が欲しいですよね??

そうであれば、昇給額の高い会社に転職するのも1つの方法です。

実際にわたしは転職経験者なのですが、転職して年収が10%アップしていますし、以前の会社に居続けるよりも高い年収を得ることができています。

しかし、転職にはデメリットもありますので、下記の記事で転職のメリット・デメリットをご紹介していますよ!

【実体験】 転職経験者が伝える「転職のメリット・デメリット」この記事では転職経験者による、転職のメリット・デメリットをお伝えしていきます。 実際のわたしのケースで見ていきますので、具体的かと...

 

さいごに:昇給のために上司との関係を良くしよう

昇給額を上げる5つの方法をご紹介してきましたが、わたしがオススメするのが上司との関係性を良くするというものです。

ご紹介してきた通り、上司にはあなたの昇給額や昇格を決める権限があります。
したがって、上司に嫌われていると上がる給料も上がらなくなります。

しかも、上司との関係性をよくするためにには、ゴマすりさえすれば関係は良くなります。

上司からすれば、自分に寄ってきてくれる部下はカワイイですからね(๑╹ω╹๑ )

ゴマすりはお金がかかりませんので、ゴマすりで昇給額が上がるならコスパがよいです!

どうしても、今の上司や会社の上層部にゴマをすれないような会社だったら、転職する方がいいかもしれませんね。

わたしも転職して年収も上がりましたし、仕事のやりがいも得ることができたので、転職することは肯定派ですよ!

ご紹介してきた内容が、あなたの昇給額を増やすお役に立てればうれしいです。