役立ち情報

【知っておきたい】お金を掛けずに新幹線の座席にゆったり座る方法

新幹線 座席

どうせ新幹線になるなら、ゆったり座りたいですよね?!

新幹線は安くない料金を払っているのですから。
もちろん、わたしはゆったり座りたいです(๑╹ω╹๑ )

しかし!

ゆったり座りたいなら、グリーン車をどうぞ!と言われても、グリーン車なんてそうそう乗れないですよね・・・。

そこで!

お金を掛けずに新幹線にゆったりと座る方法をご紹介したいと思います。
面倒な手続きや、登録なんかも一切必要ない方法です。

新幹線に絶対ゆったり座りたいと思われるのであれば、ご一読下さいね!

(今回ご紹介する方法は、東海道新幹線のように横に5席ある列車での方法です)

 

まずは新幹線の座席の確認

下記が東海道新幹線の座席表となってます。

東海道新幹線 座席表
JR東海ホームページより引用)

A席、B席、C席が連なって1つのシートとなってます。
通路を挟んでD席、E席が連なって、もう1つのシートになります。

窓側に座りたい場合の1番人気なのは、E席ではないでしょうか?
一方、通路側の1番人気なのは、D席ではないでしょうか?

しかし!
そのチョイスでは、ゆったりと座れないのです。

D席とE席は人気なので、大抵の場合、両方埋まってしまいます。

では、お金を掛けずにどうやったら、ゆったりと座れるのか?

次項からご紹介していきますね!

 

ゆったりと座る方法はこれだ!!

ズバリ、言います!!

A席かC席に座るのです(๑╹ω╹๑ )

A席、C席は3人のシートだから狭いんじゃないの?

という疑問が出てきますよね。

この方法では、B席に人が座らないのが前提です。

次項では、B席にどうやったら人が座らないのか?をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ゆったり座る予約の取り方

ゆったりと座るためには、B席を空き席にしておかないといけません。

そのためには、予約の際にすでにA席、C席のどちらかが埋まっている席を予約するのです!

余程混んでいる列車でない限り、B席を選ぶ人はいません。

しかし!

仮にA席が埋まってる状態で、2人組がB席、C席に来る可能性はあります。

それを避けるためにすでにA席、C席のどちらかが埋まっている席を予約するのです。

これでB席が空き席になりますので、お金を掛けずにゆったりと座ることができますよ!

 

2人で乗るときは、どうする?

2人で新幹線に乗る際にゆったりと座りたい場合には、A席とC席を予約します。

そうすれば、B席が空き席になりますので、ゆったりと座ることができますよ!

 

注意点

ご紹介しているお金を掛けずにゆったりと座る方法は、B席は予約していませんので、B席を使うことはできません。

また、列車が混むとB席にお客さんが来る可能性があります。
(時間帯、時期には注意して下さい)

2人で乗る際にA席とC席を予約してた場合に、B席にお客さんが来てしまったら、B席とA席、またはC席をB席のお客さんと代わって同乗者と隣同士にするしかありません。

ちなみに、この方法だと大阪から東京に行く場合には、富士山側には座れないのです^^;

以上、注意点でした!

 

まとめ:新幹線はA席、C席がオススメ

お金を掛けずに新幹線でゆったりと座る方法をご紹介しました。

新幹線はA席、C席に座りましょう!

予約の際には、すでにA席、C席のどちらかが埋まっている席を予約がコツです!!

ゆったりと座って新幹線の旅を楽しみましょう(๑╹ω╹๑ )
ご紹介した内容が少しでもあなたのご参考になれば幸いです!