役立ち情報

【実体験】電動自転車(ギュットミニ)のメリット・デメリット

子どもを自転車に乗せられるようになったら、検討するのが電動自転車ですよね。

我が家でも2年ほど前にパナソニックの電動自転車「ギュットミニ」を購入して、毎日3歳の双子の娘たちを乗せています。

電動自転車 パナソニック ギュットミニ 20インチ 大容量バッテリー 後ろ乗せ新品 3人乗り
ノーブランド品

そこで!
ギュットミニを2年間使ってのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

これから子どもを乗せるために電動自転車を検討している
ギュットミニってどうなの?

といったあなたのご参考になれば幸いです。

電動自転車(ギュットミニ)のメリット

ペダルを漕ぐのが楽

電動自転車なので、何といってもペダルを漕ぐのが楽です!

電動自転車だから、当たり前といったら当たり前なのですが(笑)

特に漕ぎ始めが楽ですよ!

漕ぎ始めって力が入りますよね?

子どもを乗せていると、自転車全体が重くなりますので、漕ぎ始めはモロに影響を受けます。

漕ぎ始めに電動アシストが働き、漕ぎ始めが本当に軽いです。

3歳の双子の娘(12kg×2)を前後に乗せても楽々、漕ぎ始められます。
もちろん、女性である妻でも楽々、漕ぎ始められています。

漕ぎ始めとともに、電動でよかったな!と思えるのが坂道です。

坂道でも自転車を降りて押すことなく、漕いで登れますよ!

子どもを乗せて坂道で自転車を押すことになると、結構大変です。
しかも、転倒のリスクもあります。

電動アシストがあるというのは、本当に楽ですよ!

子どもを乗せやすい

元々、子どもを乗せる前提で設計されていますので、子どもを乗せやすいです。

特にギュットミニは、自転車自体の背が低いということで、さらに乗せやすいです。
背が低いということで、子どもを持ち上げる高さが低くて済むのです。

子どもが重たくなってくると、乗せたり、降ろしたりって結構な重労働です^^;

背が低いと本当に楽ですよ!

しかも、背が低いことによって、重心が低くなり、安定しやすくなります。

ギュットミニのデメリット

値段が高い

本当に高いです(涙)

原付バイクよりも高いです。
格安の中古車でも買えちゃうぐらいの値段です。

バイクと比べて、価格はた 高いですが、自転車なので車検、税金などはありませんので、維持の費用はかかりません。

値段が高いけれども実際価格に見合っているかですが、わたしは高くても買ってよかったと思ってますよ!

車体が重い

本当に車体が重いです。

男性のわたしでも、持ち上げるとなると「ヨイショ」と言わないと持ち上げられません。
妻だと、持ち上げるのに本当に苦労しています。

重くて1番デメリットになるのが、転倒です。
走ってる時に転倒といったことではなく、止まっている時です。

止まっている時にバランスを崩すと、女性の力では持ち直すことかできず、妻も2回ぐらい倒してしまってます。
幸いなことに誰もケガをしなかったのでよかったですが、本当に気をつけなければいけません。

雨の日のマンホールに注意

電動アシストがあるのが、電動自転車の最大のメリットですが、電動アシストで滑ってしまうことがあるのです。

雨の日のマンホールや排水の網です。

元々、滑りやすくなっているところに、電動アシストで強い力がかかって滑ってしまうのです。
我が家では滑ったことがないのですが、滑ってしまったという話を耳にします

雨の日にはマンホールや排水の網を避けて走るといった工夫が必要です。

充電が必要

電動なので、充電をしなければなりません。

充電がなくなった電動自転車は、普通の自転車よりも漕ぐのが大変です。
先述してるように、車体が重いからです。

電動アシストなしで走ったことがありますが、かなりペダルが重いですよ^^;

したがって、必ず充電しておかないといけません。
車やバイクと違って、道中で充電を補充することはできません。

だいたい、1週間に1度ぐらい充電をしています。

駐輪場で幅を取る

マンションや駅前の時間貸しの際の駐輪場に止める際に手間取ります。

本当に幅が大きいです。
電動自転車だからというよりかは、子どもを乗せるシートが大きいからという理由です。

幅が大きくて入れにくい上に重いといったことで、手間取りますので注意が必要です。

なお、マンションの駐輪場(ラック形式のやつ)は、子どもを乗せるシートをつけた自転車には対応していません。

うちのマンションでも、子どもを乗せる自転車のせいで自転車が止めにくくなり、問題となっています。

実際、本当に止めにくいです^^;
自転車止めるのに格闘してます(笑)

スポンサーリンク

自転車保険に入っておきましょう

電動自転車だけでなく、自転車に乗る際に入っておきたいのが、自転車保険です。

ニュースでも自転車でぶつかって、多額の賠償金の支払いを命じられている事例を目にします。
自転車に乗ってる以上、いつ加害者になるかは分かりません。

念のために自転車保険に入っておくと安心ですよ!

わたしも年間1000円ぐらいの自転車保険に入ってますが、

年間1000円で家族全員が対象
賠償金も1億円まで保証

と、年間1000円では十分すぎる内容となってます。

ぜひ自転車保険を検討してみて下さいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

電車自転車(ギュットミニ)のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、わたしは電車自転車(ギュットミニ)を買ってよかったと思ってます。

やっぱり電動自転車は楽ですよ!
ステキな電動自転車を見つけて下さいね!!

この記事が少しでもあなたのご参考になれば幸いです。

電動自転車 パナソニック ギュットミニ 20インチ 大容量バッテリー 後ろ乗せ新品 3人乗り
ノーブランド品