【決定版 】転勤族の持ち家は、絶対にマンションにするべき!

転勤族でどうしようか迷うのが、持ち家を買うかどうかですよね。

持ち家を買うに当たっての最大のネックは、もちろん転勤です。

でもずっと賃貸で家賃を払い続けたくない、定年後の住まいを確保したい、といった理由で、転勤族でも持ち家を手に入れたいと思いますよね。

わたしは全国転勤のある転勤族ですが、3年前に新築マンションを購入しました!
(ちなみに35年ローンです)

現役転勤族であり、実際にマンションを購入したわたしの意見は、転勤族の持ち家は絶対にマンションにした方がいいです。

なぜマンションにした方がいいのか??

その理由についてご紹介していきたいと思います!

転勤族で持ち家がほしいけど、悩んでいるといったあなたのご参考になれば幸いです。

なぜマンションの方がいいのか?

転勤族の持ち家がなぜマンションがいいのかは、ズバリ転勤があるからです。

当たり前すぎてすみません。
しかし、理由はこれに尽きます。

マンションがいい理由は、マンション方が売ったり貸したりと選択肢が広いからです。

次項からは具体的な理由について見ていきたいと思います。

売ったり、貸したりしやすいのはマンション

転勤族には、転勤が付きものです。
持ち家を持っていた場合でも、家族で引っ越し or 単身赴任を選択しなければなりません。

単身赴任の場合だと一見、戸建てでもマンションでも変わらないような気がします。

実際に単身赴任できたら変わりません。

しかし!
単身赴任するつもりでも、転勤辞令が出た際に単身赴任できるとは限りません。

単身赴任できない理由として、1番に考えられるのは家族の体調です。

想像したくはないですが、家族の体調がよくなくて単身赴任が難しくなるケースもあり得ます。

単身赴任が難しくなれば、家族で引っ越しとなります。

家族と引っ越しになれば、持ち家を貸すか、売るかしなければなりません。

持ち家を売る、貸すとなると圧倒的にマンションの方が有利です。

スポンサーリンク

なぜマンションの方が、売ったり貸したりしやすいか?

マンションが戸建てに比べて、売ったり貸したりしやすい理由は下記の通りです。

・家に個性がない
・近所付き合いが薄い
・共用部は管理会社が担当

戸建ては、マンションに比べて家主の「こだわり」が入ってるケースがほとんどです。

家主のこだわりは本人が住む分にはいいですが、買い手や借り手からしたら、クセになりかねません。

一方、マンションだといい意味でも悪い意味でも画一的なので、クセがなく、誰にでも使いやすい造りになっています。

また、近所付き合いが薄いのも、マンションが借りてもらいやすい理由です。

近所の人たちとも仲良く、といったことは理想かもしれませんが、賃貸で借りる人からしたら望まれているとは限りません。

わずらわしい近所付き合いがなくていい、といった理由でマンションを買っている人もいるぐらいです。

借り手からしたら、近所付き合いは薄い方が気が楽です。

最後にマンションだと、共用部は管理会社が担当してくれます。

家の内部以外で不具合があったら、貸主のあなたではなく管理会社の対応になります。
例えば、共用部の手すりが壊れたなど。

また、戸建てだと地域のゴミ当番があったりもします。

貸してても家主に負担が少ないのが、マンションといえるでしょう。

その分、マンションは借り手が管理費を払うことにはなりますが・・・。

どういうマンションを選ぶべきか?

わたしの考えでは、絶対に立地のいいマンションを選ぶべきです。

立地がよければ、売る際にも、貸す際にも困りません。

特に貸す場合には、借り手がいなくては家賃収入が入ってきません。

借りてくれないと、「ローン返済」+「転勤先の家賃」というダブルの支払いになってしまいます。

そのため、しっかり借りてもらって、家賃収入をローン返済に充てなければなりません。

立地がいいマンションとは?

特に貸す場合ですが、分譲マンションを借りてくれると想定されるのが、あなたと同じ転勤族です。

わたしが考える転勤族に好まれるマンションは、「駅近マンション」、「学区がいいマンション」です。

駅近はいうまでもなく、ほとんどの転勤族は電車通勤なので、駅近が好まれるのは間違いありません。

次に学区ですが、転勤族は全国規模の会社に勤めているので、高学歴(大卒以上)の人が多いです。

一概にはいえませんが、教育に熱心であることが多いので、学区のよさは好まれます。

駅はもちろん、学区の良し悪しもすぐに変わるものではないので、駅近、学区のよさはいい立地であるといえます。

実際にマンションを買ったら

わたしは新築マンションを買って3年なのですが、実際マンションを買っちゃうと転勤したくなくなりますね(笑)

せっかく手に入れた家を売るのもイヤだし、そもそもローンの残債がたくさんあるので売るにも売れません。

家族で引っ越しは考えてませんし、単身赴任もイヤです!

わたしみたいな場合には、転職も1つの手です。
わたしはもしも転勤辞令が出たら、単身赴任しつつ転職活動をしようと考えています。

わたしは転職経験者なのですが、転職するなら絶対に転職エージェントを使った方がいいです。

応募会社との折衝をしてくれますし、転職活動のアドバイスももらえます。
わたしは転職エージェントの方のおかげで、転職できたと言っても過言ではありません。

転職エージェントについては、転職最大手のリクナビ系の「リクルートエージェント」がオススメです。

最大手なので、間違いないと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

わたしは転勤族の持ち家は、選択肢を多く残しておくべきだと考えています。

そのためには、戸建てよりマンションの方が有利です。
あなたも、ぜひステキなマンションを見つけて下さいね!

未公開情報を無料で手に入れよう

あなたはSUUMOやHOMESで中古マンションや土地を探していませんか?

SUUMOやHOMESは素晴らしいサイトなのですが、残念ながら未公開情報は載っていません。

なぜなら、よい条件の物件はSUUMOに乗る前に売れたしまうからです。
では、よい条件の未公開情報を手に入れるためには、どうしたらいいのか?

オススメなのが、「タウンライフ不動産売買 」の物件資料の一括請求です!

公式サイトへ

タウンライフ不動産売買は300社以上の不動産会社と提携しており、SUUMOなどに載る前の不動産情報を無料で手に入れる事ができるお得なサービスです。

中古マンションや住宅用土地の未公開物件の情報を、たった60秒の登録で無料で手に入れることが可能なのです。

ぜひ登録して未公開情報を手に入れて下さいね!