仕事

ビジネスバックの比較(Tumi vs ブリーフィング)どちらも使用した結果

ビジネスバックとして人気のあるTumi(トゥミ)とブリーフィングではないでしょうか?

ビジネスバックを買おうと思って、どちらにしようか悩まれているあなたへ!

現在進行形でどちらも使用しているわたしがTumiとブリーフィングについて、レビューしていきたいと思います。

ネタバレしますと、どちらも使用した結果、わたしはTumi推しです。

ではご紹介していきましょう!

使用モデル

まずわたしが使用しているモデルについてですが、下記のモデルを使用しています。

 

 

 

 

わたしは営業職で、パンフレットや資料をカバンに詰め込んで営業してますので、ある程度の容量が必要です。

では使い勝手をレビューしていきましょう!

 

取っ手

取っ手の持ちごごちは、圧倒的にTumiに軍配が上がります。

Tumiは柔らかい革になっており、手に吸い付くような感覚です。

一方、ブリーフィングは硬いナイロンで形状も平べったくなっており、Tumiに比べればゴツゴツして持ちにくいです。

わたしはショルダーで使っていますが、重い荷物を入れて、手持ちでブリーフィングを持ち続けると手が痛いと思います。

どちらもショルダーベルトがついています。
ショルダーベルト、肩がけでの使い勝手は大差ないです。

なお、Tumiは取っ手を購入後、5年以内なら無料で交換することができます。
(正規販売店または正規代理店での購入での購入証明書が必要)

わたしの初代Tumiは取っ手がボロボロになって買い変えたのですが、無料で変えられたなんて・・・。
当時は知りませんでした。

無料で変えられるので、4年ぐらい使ったら取っ手を交換しておきましょう!

 

スポンサーリンク

デザイン

デザインは完全に好みですので、意見が分かれるところでしょう。

Tumiの方が細部まで作り込んでいるブリーフィングは無骨といった感じです。

ファスナーのコマもTumiは細かい、ブリーフィングは大きめです

それぞれの製品イメージどおりになっています。

この辺りが価格差にも反映しているとは思います。

ブリーフィングの方が若干ですが、若い感じ(若干カジュアル)がするような気がします。
実際、Tumi、ブリーフィングを使っている人の年齢層を見ると、ブリーフィングの方が若い人が使っているように見受けられます。

 

内ポケット

先述したとおり、Tumiの方が作り込まれており、内ポケットに関してもです。

Tumiは、内ポケットの中もポケットがたくさんありますが、ブリーフィングはザックリです。

Tumiの内ポケットです。

tumi 内ポケット

ブリーフィングのの内ポケットです。

ブリーフィング 内ポケット

室数

わたしが使用しているモデルのTumiは、荷物を入れる口がTumiは二室あります。

ブリーフィングは一室です。

(Tumiにも一室のモデルがあります)

わたしが使ってるTumiのモデルは一段階広げることがなります。(広げると荷物がたくさん入れられるようになります)

広げると2泊ぐらいまでの出張であれば、Tumiだけで対応できます。

どちらもキャリーバッグとセットアップして使えます。(キャリーバッグの取っ手に引っ掛けられます)

重さ

重さは、Tumiが2.1kg、ブリーフィングが  1.32kgです。

両者の重さ差はそこまで感じていません。
特に肩がけで使用すると重さを感じにくいです。

わたしが使用しているTumiとブリーフィングではそもそもTumiの方が容量が大きいので、その分重くもなっています。

Tumi、ブリーフィングともに軽量カバンの部類ではありませんので、軽さは感じることはできないでしょう。

 

素材

どちらもナイロンです。

Tumiには革のモデルもあります。

ナイロンの目地は、Tumiの方が細かいです。

 

値段

Tumiの最大のネックが値段でしょう!

両者の値段差を踏まえて、どちらにするか検討しなければなりません。

わたしは値段差を踏まえても、Tumiに軍配があがると考えています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ビジネスバックで人気のあるTumiとブリーフィングをレビューしました。

最終的にどちらにするかは好みです。
というと身もふたもないのですが・・・。

わたしのオススメはTumiです。

どっちのバックも潰れたら、またTumiを買うと思います。

あとはお値段ですね。
Tumiは高いですが、高いなりの理由があります。

あなたのビジネスバックを選ぶご参考になれば幸いです。