もし、マンション管理組合の理事長になってしまったら? 〜私のケース〜

マンション

賃貸でマンションに住んでいるのと、分譲マンションを購入して住むのと大きな違いの1つが、管理組合の活動が挙げられるかと思います。

管理組合とはわかりやすく例えると、マンションの中の町内会のことです。ただ、毎回全ての世帯が集まって話し合いをすることは困難なため、管理組合から数名の代表者を選んで“理事会”を組織します。
マンションの維持管理、そして運営については、原則として理事会で話し合いをしながら進めていきます。HOMESホームページより

 

理事会での1番上の役職が、理事長です。

・もし、理事長になってしまったら?
・管理組合の理事長って何をしているのか?

と、いったことをこの記事ではご紹介していきます。

私は2年前に新築マンションを購入したわけですが、2年前から管理組合の理事長をつとめています。

私は管理組合の役職をやりたかった訳ではなく、誰も立候補したかったので、クジ引きで決まりました(笑)

マンションの購入を検討されている方、分譲マンションに住んでるけど、まだ管理組合の役職についたことがない方のご参考になればと思ってます。
(私は不動産関係者ではないので、あくまで住人が管理組合の理事長をやっているという視点です)

実際どんなことをやってるの?

ぶっちゃけ、ほとんどの雑務の運営は管理会社がやってくれます

ただ、管理会社はあくまで管理会社なので、住人の意思で決めていくようなことは理事会で行なっていかなければなりません

管理会社は他のマンションの状況を教えてくれたり、アドバイスをくれるので、それを基に理事会で意思決定していきます。

「共用部に私物を置いている問題をどうするか?」、「ピアノの音が聞こえてきて気になる」といったことが議題として多いです。

こういった苦情とかは管理組合、理事長には直接こないで、管理会社にいくので安心して下さいね!

うちのマンションは新築なので、共用部(廊下や階段など)の新築1年後アフターフォローの実施後の確認作業や、自転車置き場が不足しているので、どう運用していくかといったことを最近では話し合っています。

話し合いの際には私が理事長をやっていますが、他の理事会のメンバー全員で意思決定していくようにしています。

理事長だからといって、ドンドン意思決定していって、後で理事長のアイツが勝手な決めたから・・・と言われたくないので^^;

マンションの管理規約を変更するような意思決定は、住民全員での決議になりますので、理事会だけでは決められないので、理事会で案をまとめて総会で決議することになります。

こういったことも管理会社がサポートしてくれますので、安心して下さいね!

実際に理事長の仕事は?

ハンコ押し

理事長の仕事で最もやっているのがハンコ押しです。

管理組合 理事長印を預かっています。

何かと書類があるので、ハンコを押す書類が管理会社から送られてきます。

それらにハンコを押すのが、私の理事長しての主の業務です(笑)

管理会社からの連絡の窓口

管理会社から何か問い合わせがある際は、理事長が窓口となり、連絡を受けます。

私はメールアドレスを管理会社の担当の方に伝えていて、メールで連絡してもらうようにしています。

管理会社からどんな連絡がくるかといったら、1例をご紹介します。

周辺で痴漢があって警察が防犯カメラを見させてほしいといってるので、許可をお願いしたいというものがありました^^;

こんなのは稀です。

というか、しょっちゅう周辺で痴漢があったら、困ります^^;

スポンサーリンク

理事会ってどんな構成なの?

うちのマンションは50戸以下ですので、マンションの理事会は4名だけです。

内訳は、理事長、副理事長、理事、監事です。

副理事長、理事は、役職特有の仕事はありません。

監事は、管理組合の決算(年に1回)の際に決算書のチェックがあります。

理事の任期は2年で、2年やったら2年以上は続けることができません。

うちのマンションは輪番制になってますので、次の順番がまわってくるまで理事にはなれません。

 

どれぐらいで理事会の集まりはあるの?

実際には現在、2ヶ月に1回ぐらい集まって話し合いをしています。

一回の集まりの時間は2時間弱ぐらいです。

ちなみに大きなお金が動く1回目の大規模修繕工事の際は、理事会の集まりも多いらしいです^^;

・理事会の集まりはいつやっている?

平日の夜にやっているマンションもあるみたいですが、うちの場合は、いつも土日の午前中に理事会の集まりをやっていることが多いです。

転勤族だけど理事長に

私は全国転勤のある転勤族なのに、マンションを買っちゃいました。
実体験!!転勤族、家を買う!!~失敗談を踏まえて~

ここで問題となるのが、転勤になってしまった場合です。

転勤になってしましったら、マンションは賃貸に出す or 売る or 単身赴任しか選択肢はありません。

と、マンションを買う当初は考えていました。

しかし!

実際、マンションを買うと転勤したくなくなるようになりました。

住む場所も自分で決められない全国転勤って理不尽じゃね?と思い始めました。

私の場合は妻が体調を崩したこともあり、単身赴任は難しくなりました。

では、どうするのか?

転勤族をやめるのです!

私は転勤の辞令が出る or 転勤の兆候が出たら転職しようと思っています。

私は過去に転職を経験していますので、転職経験を元に転職活動を行なっていくつもりです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

マンション管理組合の理事長にもしなったらどうしようと悩むことはありませんよ!

記事でご紹介しましたが、理事長の仕事は下記の通りです。

・マンションの理事長になっても、ほとんど管理会社がやってくれる
・理事長の仕事は、ほぼハンコ押し。
・理事会の集まりは2ヶ月に1回ぐらいで約2時間ぐらいの話し合いです。

もし理事長になっちゃったら、いい経験と思って気軽に取り組みましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

少しでもご参考になれば幸いです。