仕事

転職するつもりでも上司とケンカするな!!~3つの理由のご紹介~

「転職しようかな」と思ってた矢先に上司からネチネチと小言を言われて、売り言葉に買い言葉で上司にケンカを売ってしまった…。

これは絶対にいけません!

実際に私の同僚も不当な人事をされてしまい、「転職も考えます」と上司に啖呵を切ってしまいました。
これは自分自身にデメリットしか及ぼさないです。

実際には「頭で分かってても・・・」という状態だとは思いますが、改めてデメリットをご紹介していきますので、転職を考えているあなたのご参考になれば幸いです。

転職活動しにくくなる

上司とケンカして揉めると「転職活動がしにくく」なります。
なぜなら、上司からあなたへの見方が厳しくなるからです。

他の人と同じように仕事をしてても因縁をつけられる。

仕事を早々に切り上げて転職活動に精を出したいのに、上司の目を気にしなければならない。

転職の面接も土曜に実施してくれたらいいのですが、設定されたのが平日だと有休を取らないといけなくなってしまいます。

上司との関係が悪いと有休も取りにくくなってしまうので、転職活動がしにくくなってしまう・・・。

営業職であれば、数時間抜け出して面接を受けに行くこともできますが、結構ドキドキしますよ!
私は営業職で転職活動している時には、営業時間中に面接を受けてましたが、バレないか心配でした。

有休を取って、「万全の状態」で面接に挑むことに越したことはありません。

そのためには、上司とケンカしてはいけないのです。

ケンカしていいことない

これはそもそも論になってしまいますが、「上司との関係を悪くしてあなたが得られるメリットは何もない」です。

たとえ、いくら無能な上司でもです。

会社は組織なので、どうしても上の立場にいる人間の力が強くなってしまいます。

上司とうまくやれてないというのは、「あなたのマイナス評価」になってしまいます。

あなたのマイナス評価が上司の上司に伝わったり、上司が変わる際に新しい上司に要らないことを吹き込まれたりと「悪いイメージが波及してしまう恐れ」もあります。

上司を含めた周囲との関係が悪いと、あなたがいくら優秀でも重要な仕事が任せてもらえなくなってしまいます。

転職するつもりでも、退職するまで毎日8時間以上は現在の会社で仕事をするのです。

全くつまならいことを1日させられたら、人生の時間の無駄以外の何物でもありません。

スポンサーリンク

転職しないかもしれない

転職するつもりで上司とケンカしてたけど、「家庭の環境が変わり」、転職するのが難しくなったというのはありえる話しです。

他には、妻には転職の話をしてなかったけど、「転職しようと思ってる」と話をしたら反対された。

これは実際に私の周りであった事例です。
転職する際には家族へのを相談を!~実際のケースから考察する~

転職活動をしているけど、なかなか面接を突破できない・・・。

転職活動は、うまくいくとは限りません。

そこで転職活動を有利に進めるために「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントを利用すると、「職務経歴書」や「面接」のアドバイスを無料で受けることができます。

キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールしてくれるという援護射撃も得られます。

転職エージェントも何社かありますが、私のオススメは最大手の「リクルートエージェント」です。
リクルートエージェント

私が転職する際もアドバイザーに相談してアドバイスを受けながら転職活動を進めたことが、転職を成功させれた要因だと考えています。

「キャリアアドバイザー」から得られる「情報」もメリットが大きいです。

転職活動は新卒の就職活動と違って一斉に行われません。
したがって、どうしても情報が入ってきにくいのです。

「キャリアアドバイザー」に相談していればそういった心配も無用です

非公開求人を含めたあなたに合わせた情報が入ってきますので、情報も効率よく集めることができます。

「キャリアアドバイザー」を活用してあなたの転職活動を有利に進めていきましょう!

転職の求人情報を広く集めるためには、リクナビNEXTにも登録しておくといいと思います。

リクナビNEXTは、新卒時に使用したリクナビの転職版です。
リクナビNEXT

リクルートエージェントリクナビNEXTともに「費用はかかりません」し、「登録は5分」で可能なので、登録だけでもサッと済ませておきましょう!

Q&Aを記載しておきますね!

Q、転職エージェントもなぜ無料なの?

A、転職エージェントはあなたが転職した企業から報酬をもらうため、利用者は無料で利用することができます

Q、転職エージェントを活用したら絶対に転職しないといけないの?

A、転職エージェントを利用したからといっても、必ず転職しないといけない訳ではありませんので安心して下さいね

まとめ

いかがだったでしょうか?

穏便に転職活動を進めていて、「転職しますので退職します!」と言って上司を含めて周囲を驚かせるのが一番いいといえます。

「あなたが転職するなんて・・・」というぐらい転職することを周囲にバレないようにしないといけません。

転職を匂わさないためには、会社や上司、同僚の不満、愚痴、悪口は極力言わないようにするのがあなたの身を守りますし、転職活動もしやすくさせてくれます。

あなたが転職活動をする上で、今回ご紹介した内容が少しでもご参考になれば幸いです。