デジタル

【保存版】EvernoteとOneNoteの使い分け!!

Evernote OneNote

「Evernote」や「OneNote」を使い始めようと思っているけど、「どうやって使い分けようかな?」とお悩みのあなたへ!

「Evernote」と「OneNote」の使い分けをご紹介したいと思います。

「Evernote」と「OneNote」ともに「クラウドサービス」といわれるものです。

クラウドサービスとは??

クラウド(クラウド・コンピューティング)は、コンピューターの利用形態のひとつです。インターネットなどのネットワークに接続されたコンピューター(サーバー)が提供するサービスを、利用者はネットワーク経由で手元のパソコンやスマートフォンで使います。

クラウドサービスの代表的な例にはWebメールがあります。
「Gmail」や「Yahoo!メール」などが有名です。(NECホームページより)

開発・提供の会社はEvernoteは「Evernote Corporation」、OneNoteは「Microsoft」です。

EvernoteとOneNote、どちらも無料で利用可能です。
(Evernoteは有料プランもあります、One noteは個人利用では有料と無料の差はなしです)

 

カブコ
カブコ
EvernoteとOneNoteを使ってみようと思ってるんだけど、それぞれの特徴はどのように違うの?使い分けってどうしたらいいの?

 

カブキ
カブキ
僕はEvernoteは3年前から、OneNoteは1年前から使っているよ!EvernoteとOneNoteの特徴を踏まえつつ、EvernoteとOneNoteの使い分けを紹介するよ!

 

Evernote:「放り込み検索型」

Evernote
Evernote
開発元:Evernote無料posted withアプリーチ

Evernote公式ページはこちら

 

Evernoteは、一言で特徴を伝えると「放り込み検索型」といえます。

私の使い方は、Evernoteには何も考えずに放り込んでます
「Webのクリップ」、「名刺の写真」、「家電などの説明書(PDF)」とかを主に保管しています。

「Webのクリップ」は、「食べログのページ」や「クックパッドで作った料理のページ」を主にクリップしています!

Webのクリップとは、「EvernoteではWebのページをインターネットで見ている画面のまま」、Evernoteに保存できます。
Webのクリップをしておけば、もし食べログやクックパッドの「該当ページがなくなってしまっても」、Evernoteに残っているので見ることが可能です。

「名刺」も頂いたらすぐに写真に撮ってEvernoteに放り込みます。
ノートの題名に名刺を頂いた方の名前を入れておけば、後で簡単に検索できます。
Evernoteに入れておけば外出先でも名刺の情報(住所、電話番号、メールアドレス等)を
確認できますので、ファイリングして家や事務所に置いておくより確実に便利です。
写真に取った名刺は、Evernoteに放り込んだら捨てますので、整理整頓もできます。

(ちなみに有料プランだと、名刺に書いてある情報をテキストデータとして読み取ってくれます)

「家電の説明書」は家電購入したら、公式サイトで「PDFの説明書をダウンロード」して
PDFの説明書をEvernoteに入れておきます。
PDFの説明書が用意されていないものは、自炊(裁断してスキャン)するか、写真に撮ってEvernoteに放り込みます。
もちろん、紙の説明書は捨てますよ!
こうしておけば「説明書はどこにいったかな?」といったことや、「説明書が増えていって置き場所を取ってしまう」といったこともありません。

 

Evernoteは元々、仕様自体がどんどん放り込むようにできています。

Evernoteは、「検索機能のレベルが高い」ので、何も考えずに放り込んでいても検索すれば出てきます。「画像に含まれる文字も検索」できます。

書類を捨てられないアナタ!
書類を写真に撮って、Evernoteに放り込んでおいたらいいのです。
もし必要になれば検索すればよいのです!

そうすれば書類を思い切って捨てることができますよ。

書類も「ちりも積もれば山となる」で1枚1枚は大したことありませんが、溜まると場所を取りますし、片づけの際に見返すと時間もかかりますので非効率です。

Evernoteに放り込んで、すぐに処理をしてしまいましょう!

EvernoteはApple Watchにも対応しています。

Apple WatchでのEvernoteについては下記をご参考にして下さいね!

 

Apple WatchでのEvernote活用法~Evernoteでメモしよう~ Apple Watchに対応していないアプリも多い中、メモアプリの大御所であるEvernoteは、Apple Watchにも対応...

 

Evernoteのプランについては、下記となっています(2018年12月1日現在)
ベーシック(無料)とプレミアム(有料)です。
プレミアムは、月600円です。月額600円は結構高いですね・・・。
私は3台の端末で使いたいので、有料プランにしてます。(無料プランだと2台まで)
Evernote自体の容量の制限はないのですが、月々にアップロードできる容量は無料だと60MBまでになります(有料だと10GB)。

私のプランは年2000円なので、もうないみたいですね。
次からは年5200円になってしまうのですね。どうしよう・・・。5200円はお高いですよね。
まずは無料で使ってみて問題ないと思います。

 

OneNote:「加筆修正型」

 

Microsoft OneNote
Microsoft OneNote
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

OneNoteシーン別活用術(microsoftホームページ)

 

OneNoteは、一言で特徴を伝えると「加筆修正型」といえます。

OneNoteは「加筆していくもの」に利用しています。
「仕事のメモは加筆していく」ので、OneNoteの方が使いやすいです

One Noteは加筆など修正していくものに向いています。

私は仕事のメモとしてOneNoteを使用していますが、顧客別にページを分けていて、どんどん加筆していっています。

「画像もノートに貼り付けることが可能」なので、スクリーンショットやスマホで撮った写真もノート貼ったりしています。

OneNoteも検索機能がありますので、検索することが可能です
検索に関しては、個人的印象としてはEvernoteの方が使い勝手がいいです

OneNoteで検索すると下記のような感じです。
検索したワードが黄色くマーカーがつきます。

OneNote 画面
OneNoteは、セクション毎にパスワードもかけられます。
iPhone、iPadであればTouch IDで解除できます。

重要な情報には、パスワードをかけておけば安心です。

私は以前までA5のシステム手帳に仕事のメモを書き込んでいましたが、
OneNoteにメモすることに移行しました。
iPadのOnenoteアプリを使ってメモを取っています

紙の手帳のメモからOnenoteに移行してよかったことは、下記の通りです。

・紙を足さなくてよくなった
・検索ができる
・字が汚くて解読不能にならない
・複数のデバイスで利用が可能

個人的には「検索できるのが1番大きいメリット」と思っています。

紙に記載していたら、「どこに書いたっけ?」「いつぐらいのことだったっけ?」と記憶を頼りに探さないといけません。まったく思い出せなかったら、お手上げです(笑)
しかし、Onenoteに記載しておけば検索できるので、すぐに出てきますので効率がいいです。

逆にOneNoteに移行した際のデメリットは、下記の通りです。

・手書きの方が早い
・アプリの容量が大きい
(これは私がメモし過ぎなのかもしれないのですが、1.9GBあります)
・デジタルなので、物質としての安心感はない

私はOneNoteの方が紙のメモより使い勝手がいいと判断して、OneNoteでメモをとっています。

OneNoteは無料で利用できますので、1度利用をされてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

まとめ

Evernoteは放り込み検索型
One Noteは加筆修正型

と言えます。

もし使い分けるのが面倒なのであれば、どちらも使ってみて、Evernote、OneNoteの一方に集約してもいいかもしれませんね!

私は、Evernoteには何でも放り込んで、OneNoteは仕事のメモ用に加筆修正して使っています。

どちらも無料で利用できますので、ぜひ使ってみて下さいね!

Evernote、OneNoteを利用するなら、「ipadを始めとするタブレット端末」がオススメです。
やはり画面が大きいのは見やすいですし、操作しやいです。
私もiPadで利用することがほとんどです。

 

 

カブコ
カブコ
でも、iPadなどタブレットを新しく持つとなる費用が気になるわ

 

カブキ
カブキ
だったら、格安SIMを選んだらいいよ!

 

格安SIMは独自の回線を使っている訳ではなく、docomo、auの回線を借りて運営しているため、電波が届く範囲は同じです。
私も格安SIMを使用していますが、何の不自由もありません。

格安SIMでオススメなのが、「mineo」、「UQモバイル」です!
大手を選んでおけば間違いありません!

iPadはSIMフリーのものを手に入れておきましょう!

 

iPadなどのタブレットを手に入れて「大きな画面」で快適にEvernote、OneNoteを使いましょう!

1度使うと手放せないツールですよ!