Apple Watch

Apple Watchでの心電図測定〜日本で使える?機能を紹介〜

心電図

Apple Watch Series 4が2018年9月に発売された際に1番の話題になったのが、心電図を測定できることでした。

この記事では、Apple Watchの心電図測定についてご紹介していきますね!

 

日本で心電図機能は使えるの?

残念ながら、2019年3月20日現在、日本でApple Watchを用いて心電図測定はできません。

Apple Watchでの心電図測定が医療機器の範疇に入るとのことで許可されていない様です。

尚、米国では2018年12月に使用できるようになっています。

日本で売られているApple Watch Series 4で心電図測定はできるけれども、規制が理由で心電図測定ができない状態となっています。

ちなみに脈拍は、日本でも計測可能ですよ!

Apple Watch 脈拍 測定

 

心電図で何がわかる?

心電図では、不整脈、心筋梗塞、狭心症発作、心筋症がわかる検査となってます。

心臓の規則正しさが乱れる「不整脈」の診断は、心電図検査の最も得意とする領域になります。「心筋梗塞」「狭心症発作」のときには、心臓の電気的活動に異常が生じるので、異常波形が出現します。また、「心筋症」という心筋に障害が起きている疾患でも異常波形が記録されることが多くなります。(心電図検査で見つかる病気と 見つからない病気

 

スポンサーリンク

Apple Watchでの心電図の計測の仕方は?

 

基本的には、アプリを立ち上げ、安静にできる場所に座り、Apple Watchを装着していないほうの手の指で、Digital Crownに触れて30秒待つだけです。使い方は非常に簡単でした。(Apple Watch心電図機能を試す 使い方と注意点はより引用)

簡単にApple Watchで心電図を測定できちゃいますね!

健康診断のように寝込んで、手足、胸に計測器をつけなくても、腕につけているApple Watchで心電図測定ができるのは画期的と言えます。

わたしは健康診断で心電図の異常を毎年指摘されるので、早くApple Watchで心電図を測定できるようになって欲しいです(切実)

 

Apple Watchの心電図での事例

 

日本では、いつ使えるようになる?

残念ながら厚生労働省、Appleからの正式な発表はありませんので現段階では、いつからというのは分かりません。

事前に正式発表があるのか、いきなり使えるやうになるのかも今のところは不明となっています。

 

ネット上の声

 

まとめ

Apple Watchの心電図機能は、2019年3月20日現在、日本では使用できません。

米国では使用可能となっていて、すでに命を救うといった好事例が出ています。

日本でも1日も早い認可を期待したいですね!

Apple Watchのレビューなども合わせて読んで頂けますとうれしいです(๑╹ω╹๑ )