【実体験】エアコンのホースには、絶対カバーをつけよう!写真で紹介

エアコン ホース カバー

エアコンには、ホースが付き物ですよね。

こんなやつです!

エアコン ホース

このエアコンのホースには、カバーが付けられるのです!
(正式には、化粧カバーといいます)

エアコンのホースには、絶対にカバーを付けた方がいいです。

その理由についてご紹介していきたいと思います!

カバーがあると見た目がよくなる

エアコンのホースのカバーは、室内機、室外機のどちらにもつけることが可能です。

室内機のエアコンカバー

実際に室内機にカバーを付けている写真がこちらです。
見栄えがよくありませんか?\(^o^)/

エアコン ホース カバー

 

一方、エアコンのホースにカバーをつけていない場合がこちらです。
なんだか、ホースが滑稽にすら見えてきます^^;

エアコン ホース

ホースの壁の穴を密着させる粘土も見栄えがよくないですね。
エアコンホースのカバーは、粘土も合わせてマスクしてくれます(๑╹ω╹๑ )

室外機のエアコンカバー

室外機にカバーを付けると、このような感じになります。

エアコン ホース カバー 黒

 

カバーの色は選べますので、壁の色に合わせることができます。

テープぐるぐる巻きのホースだと、白一択なので壁が黒っぽいとホースの白さが特に浮いてしまいます。

カバーの見た目以外のメリットは?

ホースの劣化を防ぐことができます。

エアコンのホースって、テープでぐるぐる巻きにしているだけなので、日光に当たったり、風にさらされて経年劣化してしまいます。

カバーをしていると、ホースの経年劣化を防ぐことができます。
劣化したら、見た目もよくないですもんね!

スポンサーリンク

カバーのお値段は?

気になるエアコンのホースのカバーのお値段です。

わたしの家の場合だと、室内のカバーが14,000円、室外機のカバーが9,500円でした。
決して安くない金額ですよね^^;

しかし!
カバーは一回付けたら、その後に料金がかかるものではありません。

写真でご紹介した通り、カバーを付けると本当に見た目がよくなります!

わたしはカバーを付けなかった方のエアコンにも、カバーを付けておけばよかったと後悔しています。

カバーは、いつ付けるの?

基本的には、エアコンを取り付ける際です。
エアコンを新しく買った場合や、引っ越して取り付ける際です。

後付けでも、カバーを取り付けることは可能です。

わたしは寝室のエアコンを買った際に、リビングのエアコンに後付けでカバーをつけてもらいました。

その際に寝室の室内機にはカバーを付けなかったのですが、取り付け後に室内機のカバー有り無しを比較すると、寝室の室内機にもカバーを付けておけばと感じました。
(寝室だから、カバーなしでいいかと思ってしまいました^^;)

しかし、カバーだけ付けてもらうために業者さんを呼んで・・・というのは正直面倒ですよね^^;
(わたしが寝室の室内機にカバーをつけていない理由もこれです)

したがって、エアコンを買った際、引っ越した際にカバーを付けておくといいです(๑╹ω╹๑ )

カバーは再利用可能

少々お高いエアコンホースのカバーですが、エアコンを買い換えた際には再利用が可能です!

既存の配管カバーのお取付も承っておりますので、工事当日、工事業者にお申し伝え下さい。

※配管カバーの取外しや再利用(脱着)につきましては別途料金が発生致します。詳細な料金につきましては、エアコン設置工事料金の詳細をご参照下さい。

なお、配管カバーの状態や、取付けるエアコンの配管サイズが異なる場合には、再利用をお受け出来ない場合がございます。ビッグカメラ ホームページより

まとめ:エアコンには絶対にカバーを付けよう

いかがだったでしょうか?

エアコンのホースにカバーをすると、本当に見た目がよくなります。
ホース有り無しを比較すると、見た目の差は歴然です。

エアコンの新しく買う際、引っ越した際にはぜひ、ホースにカバーをつけてみて下さいね!

ご紹介した内容が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。