仕事

【決定版】面接が苦手なあなたの転職活動の始め方

「転職したいけど、新卒の時も面接に苦労したからなぁ・・・」と、二の足を踏んでいるあなたへ

面接になると、「うっ、」となってしまう。

気持ちはよく分かります。

私も面接が大の苦手なんです。
一応、仕事は営業やってるんですけどね・・・^^;

そんな私でも転職活動をして面接をクリアできました!

面接が苦手だけど転職できた私が、面接が苦手なあなたにアドバイスをお送りしたいと思います。

ちなみに新卒の就職活動で70社落ちました。
転職活動では4社落ちました(全て面接で不採用)

あなたも面接を乗り切れそうな気がしてきたでしょ?(笑)

そんな私が「今の自分だったらこうする!」という視点でお伝えしていきますね!

開き直ろう 

「あなたは面接が苦手なんです!」

いきなり突き落とすようなことを言って、すみません。

あなたは面接が苦手ということを受け入れましょう!

「何だかんだ、自分はうまくやれるんだ」。
「たまたまなんだ」と少しでも思っていませんか?

うまくやろうというのは、やめにしましょう!

苦手だからこそ、「準備」して、「苦手なりに乗り切る」という方向に舵を切りましょう!

 

事前準備

面接が苦手だからこそ、「事前準備」をしっかりとしましょう!

事前準備とは、具体的には「想定質問への回答」と「面接の練習」です

「想定質問への回答」とは、「なぜ我が社を希望したのですか?」とか「今の会社をなぜ辞めようと思うのですか?」といった面接で聞かれるであろう質問への回答ですね。

「面接の練習」とは、字のごとく面接の練習です。
想定質問への回答がキチンと話せるようになることですね。

「想定質問への回答」を作ったけど、これでいいか自身がない。

「面接の練習」って実際にはどうやったらいいの?

という、お悩みを解決するのが「転職エージェント」です

「転職エージェント」では、キャリアアドバイザーが「想定質問への回答」や「面接の練習」のお手伝いをしてくれます。

「想定質問への回答」を添削してくれますし、面接の練習もしてくれます。

私も転職する際に転職エージェントを活用したことが、面接が苦手な私でも転職できた要因だと考えています。

転職エージェントについては、転職最大手のリクナビ系の「リクルートエージェント」がオススメです。

「無料で利用」できますし、「5分で登録可能」なのでサクッと登録しておきましょう!

 

スポンサーリンク

練習のコツ

練習が大事のは分かったけど、練習って地味だし面倒くさいですよね。

面接が苦手を受け入れたとしても・・・。

そこで「練習のコツ」をお伝えしたいと思います!

「練習を本番と思え!本番を練習と思え!」

上記のように取り組めば、練習にも身が入るのではないでしょうか。

本番と思って「想定質問の徹底的に練習する」、ハッタリも誠になります。

何度も何度も口にすることによって、あなた自身に刷り込むことができるのです。

練習の際に何度も何度も練習しても、「文を丸覚えしないでキーワードで覚えましょう!」

文の丸覚えだと、途中で詰まると頭の中が真っ白になってしまいますよ!

 

面接の心構え

あなたの周りにも立ち振る舞いのうまい人がいますよね?

面接の際には、その人に成りきりましょう!

私の場合は先輩のKさんが立ち振る舞いが上手くて、営業の成績もいいし、男女問わずモテモテな人でした。

普段からKさんのようになれたらいいなと思いますが、口下手な私ではなかなか上手くいきません。

しかし、面接の短時間だけなら、「自分はKさんなんだ!」と思い込んで、Kさんだったらこうするだろうと思って乗り切ってました。

そんな人身近にいないよというのであれば、面接の時だけ「スーパーサイヤ人」になるのでもOKです。

「スーパーサイヤ人」は、ご存知ですよね?

ドラゴンボールのサイヤ人たちがスーパーサイヤ人になる際、「ボンと気合いを入れて」スーパーサイヤ人になりますよね。

あれをイメージするのです。

スーパーサイヤ人なので当然、戦闘力が大幅にアップします。

ずっとスーパーサイヤ人にはなってられないですが、「面接の短時間だけスーパーサイヤ人になる」のです。

あなたもスーパーサイヤ人になって面接を乗り切りましょう!

 

面接の当日できること

「大きな声でゆっくりと話しましょう!」

以上です!!

当日ぐちゃぐちゃ考えても混乱するだけなので、「大きな声でゆっくりと話すことだけ」意識しましょう。

「声が小さい」、「自信がなくなってきて、声が小さくなってしまう」とマイナスイメージ以外の何物でもないです。

大きな声で受け答えするだけで、「自信があるように感じます」し、「やる気を見せること」もできます!

「緊張すると早口になるケースが多い」ので、「ゆっくりと話すことを意識する」のも重要です。

一緒に働くなら、小さい声で自信がなさそうに話す人と、大きな声でハキハキと話す人、どちらがいいですか?

先述したように「本番は練習」と思って、大きな声でゆっくりと話すことだけを意識しましょう!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、「面接が苦手なあなたの転職活動の始め方」をご紹介しました。

面接で落ちると「お前はいらん!」って人間否定されたような気になってしまいますよね。

あなたが否定されている訳ではなく、事実としては面接で落ちただけで、あなたの人間性を否定している訳ではないのです。

面接が苦手だったら、絶対に転職エージェントを利用した方がいいです。

転職エージェントを活用して「面接の対策」を徹底的にすべきです。

「転職エージェント」では、キャリアアドバイザーが「想定質問への回答」や「面接の練習」のお手伝いをしてくれます。

「無料で利用」できますし、「5分で登録可能」なのでサクッと登録しておきましょう!

転職最大手の「リクルートエージェント」がオススメです。

ご紹介した内容が「面接が苦手なあなたの転職活動」のご参考になれば幸いです。